仲介手数料システムについて | 中村橋駅を中心に新築戸建をお探しの方は、仲介手数料最大無料のアムリッツへお任せ下さい!
 | HOME  | 仲介手数料無料とは |  会社概要 | 地図 | 社長ブログ |免責事項 |  お問合せ | 個人情報について | 




(株)アムリッツ




『仲介手数料定額システム』これは、無料で対応できない物件全てです。
物件価格が、7000万円でも、1億円でも、2億円でも、100万円(税込)の定額に仲介手数料をするシステムです。

※但し、媒介価格が6150万円以下の取引に関しては、
上限手数料の半額
(1.5%税別)
を仲介手数料額
と致します。




図・2のように、売主様から仲介手数料をいただけ無い様な物件では、買主様の仲介手数料を100万円定額または
上限手数料の半額(1.5%税別)て仲介業務を行うということです。

建売住宅などで、売主様が不動産業者であるケースは、仲介業者1社で取引が成立することが多いのですが、売主様が個人の場合、つまり中古住宅や中古マンション、そして自宅の土地売却などのケースは、個人の売主様が販売する時点で仲介業者を利用しておりますので、図・2のように売り側・買い側の双方に仲介業者が入る取引となることが多いのです。


では、『物件の売主側仲介業者に直接購入を申し入れれば、仲介手数料が無料になるのでは??』

図・2のケースでは、売主側仲介業者というのは、お馴染みの大手不動産会社であったり、そのフランチャイズ店や関連会社ということが多いです。

すると、『会社規定により仲介手数料は減額できません!』ということになり、むしろ
上限手数料を請求されるという結果の可能性が高くなります。


社員数が100名を超えるような組織になると、一定のルール内で仕事をさせないと、末端の営業社員までの秩序が守れないというのが、現状でしょうから、仕方がありません。

10年程前は、仲介手数料以外に『担当者ボーナス』(いわゆる『タンボー』)と言われる金銭の授受があったケースが見うけられました。

単純に、仲介手数料以外のマージンを売主様に対して要求するというケースがほとんどであったようですが、これは今では少なくなっております。

例えば、6000万円の土地の売買仲介する場合、仲介営業マンのコミッション(報奨金)制度が、仲介手数料売上の2割であるとします。

6000万円×3、15%+6、3万円=195.3万円(税込)
195.3万円×20%=約39万円

そこを『仲介手数料を半額にしないと契約できません!』と上司に報告する。
すると、コミッション(報奨金)も半分の19.5万円になりますが、約97万円支払いの少なくなったお客様から内々で40万円直接もらうなどすれば、その営業マンの実収入は、通常業務(約39万円<約60万円)より高くなる訳です。

お客様との詳細な打合せまでは管理できないことなどから、安易な仲介手数料の減額などは行えないという、管理者側の理由も大手の仲介業者にはあるのです。


アムリッツは、コストを抑えることで、仲介手数料を定額にすることが出来ましたので、取引前に堂々と仲介手数料についてお約束(宣言)しております。


『会社規定による』は、仲介業者の勝手な理由であり、それを理由に上限手数料を請求するのは、看板(知名度)を前面に押し出している高飛車な営業であると思います。

対等な取引とは、『時価』のようなお任せではなく、『しっかりとしたメニューを掲げる』という、お客さまが最初に判断を行う材料をプロ(=仲介業者)である側が、正確に提供することから始まるのではないでしょうか。


物件の取引態様によって仲介手数料は異なります。ホームページに掲載の無い物件に関しては、『仲介手数料見積り』を是非ご利用下さい。


                    
次は→しつこい営業は致しません!


Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社アムリッツ