練馬・中村橋駅の新築戸建専門 情報サイト(^^)

練馬・中村橋駅を中心に新築戸建をお探しの方は、仲介手数料最大無料のアムリッツへお任せ下さい!

絶対損する日本の住宅事情を改めよう! ・・・を聞いて納得(^_^)v

絶対損する日本の住宅事情を改めよう! ・・・を聞いて納得(^_^)v
LINEで送る

昨日、TBSラジオ16:50前後のコーナー

山田五郎さんの「デイキャッチャーボイス」を聞いて

ボイス、3/11まで視聴可能

日本の木造住宅耐久年数→約20年で無価値?

という神話(都市伝説?)の仕組みが腑に落ちました(^^)

日本 木造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭、衝撃的な数値が・・・・

 

50歳以上の世帯(2人以上)では

住宅(土地を含まず建物だけ)で

平均約2000万円の「含み損」を

抱えているとの試算も(((((((・・;)

 

 

その結果、直近40年間の累積で

住宅投資総額と住宅資産総額の比較では

日本全体では

約500兆円マイナスとの事

 

対して、米国は同じ統計が

プラスマイナスほぼ「ゼロ」

 

つまり、日本の木造住宅の価値が無くなる

スピードが早過ぎるため

 

世界の木造住宅市場との比較数値では

滅失建物の平均寿命(早稲田大学小松教授data)

米国→44年

英国→75年

日本→26

英国 木造住宅
英国 木造住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる、都市伝説としての

「20年無価値」論法には

①日本は地震大国だ

②密集しているから火事が多い

等が常套句として用いられる

 

しかし、実態は・・・2005年の調査において

(日本全国の建物の平均寿命)

RC造→56.76年

鉄骨造→51.85年

木造→54年

あれっ!

RCとも大差なく、鉄骨造より長いんです(;o;)

 

にも関わらず、未だに都市伝説が

信じられている最大の要因は

 

財務省が出している(企業向け会計基準)

「減価償却資産の対応年数等に対する省令」

に対応年数22年と記載があり

それを根拠として査定等を行っているから!

 

法令要因としては、他に相続税が高額であり

建物は分割できない側面もあるという・・・

また、建築基準法や耐震基準の変更が多い

(民法は120年間、変更なし)

などの面もあるが・・・

どうして変更が多いのか

また、変更すべき事項に変化が無いのか

ということに関しては

 

建築・不動産業界の利益優先政策が

予想されるという山田五郎さんの私見には

説得力ありました(@_@)

 

結論としては、日本も木造住宅に対して

設備や表面のメンテナンスを利用者がきちんと

住宅の価値を上げる努力を継続的にし

 

また、築年数だけの査定に惑わされず

メンテナンスにも正しい評価をするという

文化が浸透することを期待します(・_・)

 

これからは、躯体への信頼度を増し積極的な

リフォームが住宅地で頻繁に見られるような

なるべきですね

日経新聞 記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、全然改善しないことの代表として「囲い込み」問題

3/3 日経新聞朝刊より抜粋)

■物件囲い込む仲介業者

 国は中古住宅取引の活性化に向け、様々な改革に取り組むが、

「重要な分野が欠けている」との指摘がある。それは仲介業者に対する規制だ。

不動産コンサルタントの長嶋修氏は中古取引の問題点として仲介業者による

「情報の囲い込み」を挙げる。物件の売却を依頼(専任媒介)された業者は

業界ネットワークに登録して情報を公開する義務があるが、実際は隠蔽行為

横行しているという。公開して他の業者が買い手を見つける前に自社で見つけ、

売買の双方から手数料を受ける(両手取引)ためだ。・・・・・・

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加中
応援クリックお願いします(^o^)v
br_c_4420_2

 

 

LINEお友だち追加

 

 

LINEのアプリ内で検索して追加メニューの

「友だち追加」で「ID検索」を選択して

@am1760024」と入力して検索すると友だち追加できます

http://accountpage.line.me/am1760024

http://accountpage.line.me/am1760024

 

 

 

 

 

 

 

tateiwa

練馬区の西武池袋線「練馬駅、豊島園、中村橋、富士見台、練馬高野台、石神井公園駅」で新築一戸建を仲介手数料最大無料でご紹介!住宅の現場監督経験者として、住宅の品質に関することやAFPファイナンシャルプランナーとして、適正な資金計画もアドバイスさせて頂きます。 マイホーム購入する時はぜひお声掛けください♪♪